おすすめ銀行系カードローン

銀行系カードローンの信用情報を調査

信用情報と銀行系カードローンの関係について

カードローン比較ランキング > 銀行系カードローン > 銀行系カードローンの信用情報について

銀行系カードローンで信用情報はどうなる?信用情報を解説

 銀行系カードローンとは、銀行が審査してカードを発行している印象を一見すると受けますが、実は銀行系列の消費者金融が発行しています。例えば、A消費者金融がA銀行の子会社であったりするなどです。一般的に、銀行系カードローンと呼ばれるのは、その銀行系列の消費者金融のカードローンだといえます。

 では、銀行系カードローンと信用情報の関係とはどのようなものでしょうか。信用情報とは、現金を用いない取引や債務の借り入れなどの信用取引を行う能力があるか示す情報です。それらの情報を管理しているのが、指定信用情報機関であり、その機関にはCICやKSCなどがあり、そのほかJICCではすべての取引が記録されています。

 一方、すべての銀行が加盟しているJBAには、カードローン会社の取引は記録されません。 それらの情報はどのように活用されるかというと、既に貸し出しが行われている債務者は、別のカードローンを組めないようになることなどです。信用情報は基本的にストックされるため、銀行系カードローンでは多重債務者にならないように借りれなくなるのです。基準としては、年収の3分の1もしくは4社以上の借り入れがあれば、新たな借り入れはできにくいといえます。そのようにして、債務者を多重債務者にしたり、貸し出し企業が貸し倒れになることを防ぐのです。 また、信用情報は一定期間を経過すれば回復することがあります。おおむね5年から10年というスパンですが、債務整理や自己破産をしていても一定期間経過していれば、信用が回復するといえます。 ただ、無理な借り入れを繰り返したり、借金を返せなかったりするとブラックリストに載ってしまいます。ブラックリストに乗ると、金融事故を起こした扱いになり、信用情報に傷がつくことになります。そうすると、銀行系カードローンのみならず、低金利のローンも組めなくなる可能性が高くなるといえます。そのため、自身の信用情報は傷をつけないよう慎重に借り入れをすべきです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます