おすすめ銀行系カードローン

銀行系カードローンの保証会社の役割紹介

保証会社と銀行系カードローンの関係について

カードローン比較ランキング > 銀行系カードローン > 銀行系カードローンの保証会社について

銀行系カードローンを利用するの際保証会社の役割

 保証会社の役割の1つが「融資対象者の代わりにローンを返済する」ことです。保証会社は融資対象者を保証してくれる会社であるので、銀行系カードローンに対して順調にローン返済をおこなっている場合は何もおこなうことはありません。ですが、収入が減ったり勤務先がなくなったりと何らかの事情で融資対象者のローン返済が滞るようになると、保証会社は「代位弁済」という役割を果たすようになります。

 「代位弁済」とは融資対象者の代わりにローンを返済するということです。代位弁済をおこなうと法的効果によって、保証会社は融資対象者に対して「求償権」というものを取得します。求償権が発生すると、融資対象者は銀行系カードローンではなく代位弁済をしてくれた保証会社にたいして返済をしなければいけません。

 保証会社の役割の2つ目は「融資対象者を審査する」ということです。 保証会社は銀行系カードローンの代わりに融資対象者の審査をおこない、ローンを組むかどうかの判定をおこないます。判定自体は、保証会社が独自に持っている基準に基づいて融資対象者の年収や勤務先の信用度合い、勤続年数などを総合的に判断して決断を下します。この審査を通らないと銀行系カードローンでローンを組むことはできません。 保証会社の審査が終わると今度は銀行系カードローンによる本審査が待っています。ただし保証会社でローンを組むのに必要な審査が一通り終わっているため、銀行系カードローンでおこなうことは、提出された書類に記載されている勤務先に本人が本当に務めているかの確認や本人確認書類の住所や氏名、生年月日があっているかなどの確認作業だけです。

 銀行系カードローンに支払う利息の何割かが保証会社に渡っており、銀行系カードローンと保証会社の共倒れを防ぐために保証会社の審査は銀行系カードローン単独での審査よりも厳しいといわれています。ただし審査が厳しい分、金利そのものは低めに設定されているのが特徴です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます