おすすめ銀行系カードローン

銀行系カードローンの審査期間について

銀行系カードローンの審査に通らない人とは

カードローン比較ランキング > 銀行系カードローン > 銀行系カードローンの審査について

銀行系カードローンの審査について

 インターネットや、電話で申し込んだ場合は、最短1時間前後で審査回答が可能な金融機関もありますし、最短で申し込んだその日のうちに借入可能です。郵送の場合は、申し込み書が銀行に到着した当日又は、翌日に連絡があります。どちらにせよ、申し込んだ時間帯や審査の状況次第で審査回答が翌日以降になってしまうこともありますのでお急ぎの方はご注意ください。また、手続きの方法もインターネットで簡単に申し込みが可能ですので、平日の仕事の合間や、夜遅くでも可能です。

 また、 審査基準についてでが、絶対審査が通るという条件はありませんが、安定した収入がないといけないというのが基本の条件です。最近ではパートや、アルバイトでも継続して収入がある人であれば借入れが可能なプランもあるので急な失費が続いた際や、いざという時には安心ですね。また、結果の連絡方法は各金融機関によって違う様で、電話やメール、郵送などで連絡があります。店舗に出向かなくても手続きが完了するというのはとても魅力的ですね。

 「銀行系カードローンについて」でも述べたのですが、インターネットで簡単に返済シミュレーションが可能ですし、借入れる予定の金額と毎月の返済額が直ぐに分かるシステムもあるので利用してみましょう。返済のイメージは漠然にせずにしっかり把握する事が最善です。賢く利用してしっかり返済してストレスなく利用しましょう。

銀行系カードローンの審査に通らない人とは

 カードローンの申し込み時には、氏名、年齢、住所、居住形態、居住年収、職業、雇用形態、勤務年数、年収といった様々なパーソナルデータを記入して申し込みます。このデータから申し込み者の返済能力を判断するわけですが、属性により返済能力が認められない場合は審査に通過できません。ただし基準は各社で異なるため、どのような属性ならOKであるということも言えないので、実際に申し込んでみないことには分からないでしょう。

 パーソナルデータ以上に重視されるのが過去の取り引きデータです。ようするに過去から現在までの借り入れ状況のことです。もし他社の借り入れ状況において、4社以上からの借入れ、度重なる返済の滞納や延滞、申込みブラック、債務整理などの情報が残っていると審査には不利になります。ちなみに他社のカードローン情報のみならず、クレジットカードの利用履歴も審査に含まれてるため注意しましょう。

 総量規制は、年収の3分の1までの融資しか受けられないという制限です。この規制ができる前は年収に関わらず借入れができていましたが、これが多重債務者を生む一つの要因にもなってしまっていました。そこで、制限を設けることで無理な貸付を防ぎ、多重債務者を減らしていく目的があります。よって、もし貸金業者から融資を受けるのなら、総量規制の範囲を超えている時点で、それ以上の借入れはできません。ただし金融機関は総量規制の適用外ですので、銀行カードローンならこの規制の制限を受けることはないでしょう。

 個人情報はしっかりしており、借入れ自体初めてなので過去の借り入れ利用状況も綺麗なはず、それなのに審査に通過できない場合は申込み内容に問題がある可能性があります。例えば審査に通過したいがために年収を多めに記入する人がいますが、嘘の申し込みは高確率でバレます。もちろん嘘が発覚すれば融資はできませんので、自分の持っている正しい情報で申し込みましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます